全日遊連組合員数調査で休業店急増 総台数も420万台割れ

全日遊連がまとめた各都府県方面遊協の組合員数調査によると、9月期における全国の組合員数は前の月から32店舗減った1万714店だった。月内の新規店は10店舗、廃業店は34店舗でいずれも前年同期より改善されたが、休業店の当月発生分がこの1年でもっとも多い23店舗あったことなどが影響した。これによって、全国の休業店の数は138店舗になった。
 
同調査における休業店数は、5号機ショックが襲った平成19年11月期に362店舗にまで膨らんだが、以来、漸減傾向が続き、22年12月には86店舗まで縮小。震災の影響で23年4月期には208店舗に急増したものの、そこからまた減少傾向が続き、25年12月期には100店舗にまで減っていた。今年に入ってからは、休業店の当月発生分が廃業店や新規店に吸収されず減少傾向はストップし、微増に転じている。
 
遊技機台数は、減少傾向が続くパチンコ機が今回も5,679台減で270万3,038台に落ち込んだ。増加傾向が続く回胴式遊技機も今回は店舗数の大幅減に引きずられ、ほぼ横ばいの149万5,946台だった。その他遊技機を含めた総台数は、5,364台減の419万9,140台。
 
遊技機台数については、平成22年の半ばからパチンコ機の減少、回胴式の増加が一貫した傾向として示されているが、ここにきてパチンコ機の減少幅を回胴式の増加が補えない月が増えている。総台数が420万台を割り込んだのは、平成23年11月期以来、2年10カ月ぶり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.