全日遊連調査 休業店が増加傾向に

全日遊連が月次で行う各都府県方面遊協の組合員数調査によると、5月末時点の営業店舗数は前月から22店舗減で1万825店になった。月内の新規店が前年同期より5店舗多い18店舗あったが、廃業店や休業店の当月発生分も前年同期を上回り、厳しい結果が示された。
 
遊技機台数は減少傾向が続くパチンコ機が今回も4,112台減で273万577台になった一方で、増加基調の回胴式遊技機は4,038台増で149万2880台に伸張した。その他の遊技機を含めた総設置台数は、パチンコ機の減少分と回胴式の増加分が相殺され、全体で74台減の422万3,613台とほぼ横這いだった。
 
全日遊連の組合員数調査における休業店は、平成23年の震災前までは2桁台で推移していたが、震災が発生した3月と翌4月に急増し、同年4月末時点で208店舗にまで膨らんでいた。その後は漸減傾向が続き、昨年12月には100店舗と震災前の水準に戻っていたが、今年に入って微増傾向に転じ、今回、約1年ぶりに120店舗台に逆戻りして125店舗になった。
 
さらには、パイが縮小している状況下にありながら、廃業店舗の実数も昨年からまたペースが上がっているほか、新規店舗の数も年を追うごとにボリュームが小さくなるなど、業況の厳しさが窺われる展開が続いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.