回胴遊商が養子縁組支援団体のアクロスジャパンに100万円を寄付

大饗理事長感謝状回胴遊商は4月16日、社会貢献の一環として、一般社団法人アクロスジャパン(小川多鶴代表)に100万円の寄付金を贈呈した。

2009年に設立されたアクロスジャパンは、養子縁組による新しい家族づくりの推進と子育て研修の実施、予期しない妊娠などをした女性の相談に取り組んでおり、回胴遊商では2014年から支援を続けている。

都内台東区の組合本部で行われた贈呈式には、大饗裕記理事長、安藤政晴副理事長、徳山健一広報委員長、小川多鶴代表が出席。大饗理事長より寄付金の目録が小川代表に手渡された。

大饗理事長は、「アクロスジャパン様が取り組んでおられる妊娠相談、養子縁組の啓蒙活動、養親育成事業等の活動は、わが国ではまだまだ遅れている取組みであることをお聞きして以来、その趣旨に賛同して支援させていただいている。今後も支援を続けさせていただきたい」と挨拶した。

一方の小川代表は、「回胴遊商様には、養子縁組という制度自体が国からも周知されず、このような支援は自分たちのポケットマネーでやらざるを得なかった活動当初から、『この取組みは、弱者にとって最も必要な支援』として、心温かいご支援を頂いております。そのおかげで、今日のアクロスジャパンがあると言っても過言ではありません」と謝辞を述べ、大饗理事長に感謝状を贈呈した。

※大饗(おおあえ)理事長の「あえ」の字は、正しくは上が「郷」ですが、ご覧の環境によっては正しく表記されない場合があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.