岩手県遊協総会、工藤理事長を再選

岩手総会2019岩手県遊協は5月21日、盛岡市内の盛岡グランドホテルで2019年度の通常総会を開催し、任期満了に伴う役員改選で工藤嘉理事長の再選を決めた。

理事会冒頭の挨拶で工藤理事長は、遊技機規則の改正やギャンブル等依存症対策基本法の成立、さらには依存症対策基本計画案の閣議決定など、依存問題への対応が社会から大きな注目を集める状況にあることに触れ、「これまで県遊協としても真摯な対応を図ってきたが、お客様と接する我々は、今後もこれを最優先で取組んでいかなければならない。消費税増税、受動喫煙の対応などもあって、昨年度にも増して厳しくなることが想定されるが、力を合わせて諸問題への対応を図っていきたい」と述べるなどした。

議案審議では、上程案件をすべて承認。任期満了に伴う役員改選では、選出された新理事による理事会で工藤理事長の再選を決めたほか、副理事長に金山正行氏、小林正典氏、山田栄作氏、金信成氏、専務理事に菊池均氏がそれぞれ留任した。昨年度の総会で秋山照明前理事長の退任を受け、残任期間の理事長を務めた工藤氏は今回で2期目。

来賓挨拶では岩手県警生活安全部の吉田良夫部長が、業界が行う健全化に向けた各種取組みや社会貢献活動を高く評価した。その一方で、健全化を阻害する要因が依然として残っていることを指摘し、広告宣伝規制の遵守を強く促したほか、依存問題への対応では風営法施行規則の改正で管理者業務に追加された項目が各営業所で確実に実行されるよう求めた。

総会前には恒例の長期勤続従業員表彰が行われた。また、総会後の懇親会の席上では、全日本社会貢献団体機構の助成金内定式と県内の児童養護施設に対するチャリティ金の寄贈式が行われ、2団体に対して工藤理事長から目録が手渡された。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

保通協イメージ

パチスロ、パチンコ適合率がともに今年の最高値を記録、パチンコ適合率は50%超え

2019/6/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年6月号

2019-6
主な記事:

平成から令和へ、元号をまたぐ初の10連休
超大型連休の好業績に光明もあらためて浮き彫りになる課題

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.