機構が上半期の立入検査活動実績を発表

遊技産業健全化推進機構は10月31日、本年度上半期の立入検査活動の実施状況を発表した。
 
それによると、今年4月1日から9月30日までの調査数は、51都府県方面で1,530店舗(うち計数機検査201店舗)。検査遊技機数は、パチンコが4,975台、パチスロが5,477台の合計1万452台。計数機検査は201台で、そのうち玉計数機が185台、メダル計数機が16台となっている。昨年同期との比較では、検査店舗数が約138%(昨年度1,109店舗)、検査遊技機数が約140.4%(同7,445台)、検査計数機数が約127.2%(同158台)だった。
 
本年度の目標店舗数は1,500店舗だったことから、半期で年間の計画店舗数を達成したことになるが、機構では「この主な要因は、依存防止対策調査の開始が遅れていることによるもの」と説明している。なお、これらの数字には遊技機性能調査の結果は含んでおらず、同調査の結果については今後、必要に応じて別途開示していく予定という。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

10月のホール企業採用熱、過去5年の同月比で一番高い数値に

2019/11/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.