機構が遊技機性能調査の概要を発表

遊技産業健全化推進機構は12月13日、全国のホールにおけるぱちんこ遊技機の入賞口の入賞状況に関する立入調査「遊技機性能調査」について、今年11月末までの調査結果を発表した。
 
調査を開始した2015年6月から4年6カ月の間に実施した調査は、全国51(延べ388)地区、有効調査台数は2,191店舗の3,780台。打ち出し球数の平均は3,143個、一般入賞口への入賞が確認された遊技機は3,087台(81.7%)だった。また、入賞が確認された台の一般入賞口への入賞球数は1個から205個で、内訳は1個から3個が524台、4個から6個が189台。7個から9個が78台、10個以上が2,296台となっている。
 
遊技機性能調査はホールに無通知で行われる覆面調査で、検査員が一般客に混ざって遊技し、1台のぱちんこ遊技機において、大当り等を挟まず2,000個以上の打ち出しが確認できた調査のみを有効としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.