神奈川県遊協が福祉車両寄贈先を公募で決定

神奈川県遊技場協同組合と同福祉事業協会は、9月5日から26日まで令和元年度の福祉車両助成先の公募を行い、このほど車両の贈呈先を県内の児童福祉施設1施設、障害福祉施設4施設、老人福祉施設2施設の計7施設7台にすることを決めた。
 
両団体の公募による福祉車両の助成は平成20年から開始して今回で12回目。これまで寄贈してきた福祉車両の総台数は日本赤十字社への寄贈を含めて合計で291台に達し、金額に換算すると8億4千万円を超えている。
 
神奈川県遊技場協同組合および同福祉事業協会は、昭和60年に事業協会を設立以来、県内のパチンコ・パチスロホール関係者からの浄財をもとに社会貢献活動を行ってきた。今回の車両寄贈も福祉支援の一環として行われるもので、同協会では「今後ともあらゆる機会を通じて、県内のより多くの施設の方々にお知らせし、期待していただけるよう努めてまいります」としている。
 
今回決定した車両の寄贈式は、来年4月28日に行われる予定になっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年3月号

主な記事:

回復基調に水を差す緊急事態宣言の再発令と措置の延長
低稼動状態からの反転攻勢へ 業績向上のカギはパチンコの管理

地域の発展や変化に合わせて拡大・伸張した激戦区の現在
首都圏繁華街にある「衛星都市」の変遷

全日遊連全国理事会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

遊技通信創刊70周年記念対談・
光和総合法律事務所 渡邊洋一郎弁護士

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年2月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.