広島県遊協が災害発生時の施設使用で県と協定を締結

広島県遊協はこのほど「災害発生時における支援協力に関する協定」を県と締結し、6月12日に広島県庁で締結式を行った。

協定は、災害が発生した際にホールの駐車場を警察や消防車両の待機場所として提供し、近隣住民やボランティアが利用する緊急の避難場所としても活用するというもの。広島県内では、平成26年8月の豪雨災害や平成30年7月の豪雨被害で、被災地にあるホールが自主的に店舗の駐車場を開放。警察やボランティアの活動拠点として活用された事例があり、有事の際に円滑に協力体制がとれるよう書面による協定を締結した。
 
締結式で挨拶した湯崎英彦知事は、「この度は、広島県遊技業協同組合並びに組合員事業者の皆様のご理解とご協力をいただき、災害時における応急対策活動の体制を強化することができた。迅速かつ円滑に応急対策を行う上で施設の提供にご協力いただけることは、災害応急復旧に携わる者にとって大変心強い」と謝辞を述べた。
 
これを受け広島県遊協の延川章喜理事長は、「不幸にも自然災害が発生した場合には、たとえ明文化されていなくてもできる限りの協力を行っていくことが人として当然のことだが、県と文書による協定を締結することで、非常時における協力がスムーズにできるものと組合員一同、決意を新たにしている」と述べた。また「我々ホール業界は、新型コロナウイルス拡大防止の観点でも県知事からの休業要請を受け入れて協力してきた。今後もあらゆる面で『日本一安全・安心な広島県の実現』に向けて協力していきたい」と語った。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

機構検査に備え「検定通知書」「認定通知書」の写しの常備を求める

2020/9/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年10月号

主な記事:

緊急事態宣言解除後、回復傾向だった稼動も頭打ちか
第2波が直撃 厳しさ目立った盆商戦

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.