岡山県遊協が新型コロナ対策で秋季セミナー

岡山県遊協は12月7日、岡山市北区のさん太ホールで新型コロナウイルス感染予防対策を軸とした秋季セミナーを開催した。当日は県内ホールの経営者や店長、店舗管理者ら76名が参加した。
 
千原行喜理事長による開会の挨拶と岡山県警察本部生活安全企画課の草壁毅課長補佐による「ぱちんこ業界当面の諸問題について」をテーマにした行政講話に続いて行われたセミナーでは、今年2月に横浜港に接岸して多数の新型コロナウイルス感染者を出したダイヤモンド・プリンセス号で消毒作業や除菌作業を行ったラスティックの延原直樹代表が新型コロナウイルスの感染防止対策について講演した。延原氏は、船内で行った作業を振り返りながら、当時の状況や船内の様子などを説明した後、実際にパチンコ台を使用して新型コロナウイルスの消毒や除菌方法を解説。会場では、受講者4人が自ら壇上に上がって直接実技指導を受けた。
 
セミナー第二部では、ぱちんこ広告協議会の大島克俊理事長による「ぱちんこ広告協議会の取組み」、 ダイコク電機情報システム事業部 MIRAIGATE-SIS統括部 MGコンサルタント課の服部祐治氏による「New Normal DKビッグデータが導く未来への道筋」と題した講演が行われた。
 
セミナーを開催した岡山県遊協では、「引き続き新型コロナウィルスへの感染予防対策を徹底して行い、お客様、地域の皆様への安心と安全を全力で提供していきたい」としている。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年3月号

主な記事:

回復基調に水を差す緊急事態宣言の再発令と措置の延長
低稼動状態からの反転攻勢へ 業績向上のカギはパチンコの管理

地域の発展や変化に合わせて拡大・伸張した激戦区の現在
首都圏繁華街にある「衛星都市」の変遷

全日遊連全国理事会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

遊技通信創刊70周年記念対談・
光和総合法律事務所 渡邊洋一郎弁護士

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年2月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.