業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

ホール系の4団体(全日遊連、日遊協、MIRAI、余暇進)と遊技機の供給を行う4団体(日工組、日電協、全商協、回胴遊商)の計8団体は1月18日、全国のホール営業者に対してアクロス製回胴式遊技機「沖ドキ!」「沖ドキ!—30」などの撤去を強く求める文書を連名で発出した。
 
文書で8団体は、新型コロナの拡大で深刻な影響を受けた業界が一丸となって国や行政当局に働き掛けを行った結果、昨年5月の旧規則機の経過措置期間の延長やホール営業者の政府系金融機関と信用保証協会の融資・保証等の対象事業者への指定を獲得することができたことをあらためて説明。これらの成果は、業界を挙げて過度な射幸性の抑制に全力で取り組むことを前提に国や行政当局の理解と協力で成し得たものだとし、旧規則機の取扱いに関する21世紀会決議の遵守は、今回の措置に対するこの業界に携わる全ての者にとっての責務だと強調した。
 
その上で8団体では、高射幸性回胴式遊技機や21世紀会決議に基づく撤去期限を迎えた「沖ドキ!」「沖ドキ!—30」を設置し続けている一部のホールが確認されており、21世紀会決議を遵守している近隣ホールが悪影響を受ける事態が発生していると指摘。「我々業界団体は、目先の利益や己の権利ばかり主張する一部の者の存在によって、業界全体の未来が危ぶまれる事態をこのまま看過することはできない」とし、21世紀会決議に基づく旧基準機の計画的撤去の徹底について、業界に携わる全ての者が一丸となって全力で取り組むようあらためて求めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年10月号

主な記事:

依存問題で都遊協が研究助成する早野論文は「Scientific Reports」に掲載
基本法に基づく初の実態調査が公表 業界に求められる調査結果の検証姿勢

早野慎吾教授に聞く「ギャンブル等依存調査」の課題と方向性

ダイコク電機がWeb展示会&セミナー
トレンドを見極めた効率的な投資が必要

「みんなのパチフェス」生配信 視聴回数は124万回超に

MIRAIが「広告宣伝ルールの在り方」で公開経営勉強会

空きスペースが利益を生み出すホール駐車場の有効活用

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑨ 全日遊連理事長 阿部恭久氏
遊技通信創刊70周年記念対談 ⑩ 日遊協会長 西村拓郎氏

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.