誓約書確認機関、全機連への詳細報告は251店舗に

ホール4団体(全日遊連、日遊協、MIRAI、余暇進)で運営する誓約書確認機関は3月3日、旧規則機の取扱いに関する21世紀会決議の通報・確認システムで、21世紀会決議に基づく遊技機の未撤去が確認され、全機連に対して詳細を通知した店舗が251店舗、258件に上っていることを明らかにした。
 
全機連へ詳細を通知した251店舗の内訳は次の通り。茨城県66店、愛知県64店、千葉県31店、栃木県26店、岐阜県20店、北海道8店、群馬県6店、鳥取県5店、埼玉県4店、神奈川県4店、三重県3店、福島県2店、奈良県2店、大阪府2店、大分県2店、広島県、宮城県、東京都、兵庫県、岡山県、熊本県はそれぞれ1店舗。
 
誓約書確認機関によると、1月12日以降の通報件数は1174件(うち重複通報686件)あり、主旨とは異なる通報を除いた380件(送付済348件、送付準備中32件)に対して事実確認書を送付するとしている。なお、3月2日に開催されたホール4団体会議において、全機連に詳細を通知されたホールのうち、当該遊技機を撤去したホールが所属ホール団体、またはホール4団体誓約書確認機関に撤去の事実を報告(撤去を証明する書類の送付)すれば、あらためて同機関より全機連に撤去報告がなされる旨が確認されている。

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年4月号

主な記事:

人手不足の解消気配でホール企業間で格差拡大か
新型コロナ禍が影響を与えるホールの働き方改革への取組み姿勢

高円寺・吉祥寺・武蔵境・立川・八王子
都心と多摩地区をつなぐ大動脈 中央線沿線ホールの変遷

幕張メッセで「販促EXPO」アフターコロナを見据えた提案も

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
アミュゼクスアライアンス 田守順代表

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.