MIRAI、2月度拡大理事会を浜松で開催

MIRAIぱちんこ産業連盟(東野昌一代表理事・加藤英則代表理事)は2月17日、静岡県浜松市で2月度拡大理事会を開催。リモート出席を含む33名が参加した。

開会に向けて挨拶を行った東野代表理事は、「緊急事態宣言が解除されない状況のなかで、特に新規加入された会員企業の皆様におかれましては、お集まりいただく機会がなく、心苦しく思っています。現在、業界の問題である旧規則機の撤去の件については議論を重ね少しでも公平、公正に商いができるように考えています。また、沖ドキが再設置されている状況に対してはホール4団体通報確認システムがブレーキをかけているというのが現状です」とホール4団体の取り組みを説明。また、MIRAIの今後についてでは「新しい事業年度が始まるので、将来に向けた政策提言と行動をしていきたい」と述べた。

理事会では「役員等交通費支給規定」と「MIRAIの政策活動について」などを審議したほか、報告事項として「懲罰委員会」「ホール4団体誓約書確認機関」「高射幸性遊技機設置調査」「団体活動について」の説明が行われた。また、翌2月18日には同地で勉強会「MIRAI店長塾βver」を開催した。ここでは第一部として、株式会社平成観光の東野社長と、株式会社夢コーポレーションの加藤社長による経営者講話が行われたが、予定されていたグループディスカッション、人材活用委員会、営業システム委員会、経営戦略委員会は、いずれも新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言のために中止となった。

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.