日遊協理事会 「業界団体の加盟促し本当の横断的組織となる飛躍の年に」

日遊協は1月12日、都内千代田区のグランドアーク半蔵門でZOOMを併用した定例理事会を開催した。

挨拶で西村拓郎会長は、「この1年半あまり、我々の業界は撤去の問題であったりコロナの問題であったりと明るいニュースがなかった。しかし先般、警察庁へ挨拶に伺った際には前向きな話もできるようになるなど明るい兆しもみえている。パチスロの型式試験適合率は厳しい状況だが、日電協、日工組が協力して取り組んでいただいており、こちらも明るい兆しがあると聞いている。広告宣伝についても、新しい規制の在り方について日遊協で1月中にワーキンググループを立ち上げ、MIRAIと一緒に行政に前向きなお願いができるよう協議していく予定になっている」と、直近の動向を報告。「今年は業界のプラスになっていくことについて積極的に取り組んでいきたいと考えている。MIRAI、日工組、日電協、全商協、回胴遊商以外の業界団体の方にも加盟を促し、日遊協が本当の横断的組織となるべく飛躍の一歩、ステップを踏み出す年にしたい」と抱負を語った。

当日の理事会では議決事項はなく、新規則機設置比率及びホール4団体誓約書確認機関の状況、遊技機適正処理ガイドブック発行の件などが報告された。また、自己申告・家族申告プログラムのウェブサイトから、各プログラムの説明案内と申込書をダウンロードできるようにするとともに、導入店舗情報をウェブ上で検索できるようにすることが報告された。プログラム導入マニュアルの改訂、ホームページの変更は2月1日から運用を開始する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2022年2月号

主な記事:

一方に根強い慎重論「業としての苦境は広告宣伝では救われない」
熱を帯び始めた広告宣伝のあり方議論
環境変化に応じた見直し論も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2022年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.