パチスロ6号機の大規模試打会「パチスロサミット」開催、約1万人が来場

ウルトラ試打会_1701日電協と回胴遊商は9月28日、6号機の楽しさを伝える大規模試打会イベント「パチスロサミット2019in秋葉原」(協賛・日工組)を都内千代田区のベルサール秋葉原で開催し、1万398人が会場を訪れた。

今回のイベントでは、メインテーマに「6号機を楽しもう!」を掲げ、ベルサール秋葉原の1階と地下1階の2フロアを会場に設定。1階会場では、4人の人気Vチューバーやパチキャラ、人気ライターらが来場者をステージを盛り上げ、一方の、地下の試打会場には、一部参考出品を含め、18メーカーグループから22型式の6号機が設置された。

またオープニングセレモニーでは、日電協の兼次民喜理事長、回胴遊商の大饗裕記理事長、日工組の木岡保雅専務理事によるテープカットが行われ、イベントのスタートを宣言。このうち、主催者団体の一つである回胴遊商の大饗裕記理事長は取材に対し、「2年ぶりの開催となったが、やっとここまでたどり着くことができたという感じ。このイベントを起爆剤として、いい流れをつくっていきたい」と手応えを語った。

※大饗(おおあえ)理事長の「あえ」の字は、正しくは上が「郷」ですが、ご覧の環境によっては正しく表記されない場合があります。

テープカット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

高射幸性機の自主規制問題で混乱 全日遊連が情報管理の徹底を要請

2019/10/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年10月号

2019-10
主な記事:

入替対象は年末までにおよそ20万台、6号機市場移行への試金石に
確実視される売上の減少 旧規則パチスロ機の撤去本格化へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.