幕張メッセで「東京ゲームショウ2019」開催

東京ゲームショウ2019国内外のゲーム及びコンピュータエンターテインメントが一堂に揃う「東京ゲームショウ2019」が、9月12日から15日まで千葉市の幕張メッセで開催された。29回目となる今回は過去最大規模となる655の企業と団体が出展。最新のゲームタイトルや関連製品のほか、パチンコやパチスロに採用されたコンテンツの最新作も多数発表された。
 
会場内で最大規模のブースで参加したセガは、過去にパチンコ化もされた人気シリーズの最新作「龍が如く7 光と闇の行方」を出展。今作では、サミーとユニバーサルのコラボレーションによって「パチスロ猛獣王」「ミリオンゴッド」など、両社のヒット機をバーチャル空間でプレーすることが可能になっているほか、ゲーム内では実在するホールが実名で登場し、店舗の外観や看板、遊技フロアの雰囲気などもリアルに再現されている。
 
このほかにも会場では、2020年春に商用サービスが始まる次世代通信規格「5G」の回線を使ったデモンストレーションやeスポーツに関連した大規模なイベントも開催された。4日間の会期中、会場には前年比約3万6000人減の26万2076人が来場した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

「依存問題対策実施確認シート」、12月から運用開始

2019/12/4

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年12月号

主な記事:

列島を襲った豪雨・台風被害
度重なる豪雨と台風で各地のホールに甚大な影響
自発的な支援活動、多くのホールが立駐を一般にも開放/顧客・従業員の安全確保に課題/あらためて問われる企業の危機管理/業界団体やホール企業ボランティア/各地から寄せられる義援金

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.