販促商材の総合展示会「サイン&ディスプレイショー2019」開催

サイン&ディスプレイショー2019デジタルサイネージを中心とした広告資機材の総合展示会「第61回サイン&ディスプレイショー2019」が8月29日から31日までの3日間、都内江東区の青海展示棟で開催された。
 
会場では、デジタルサイネージ機器の製造販売などを手掛けるアクシアがブースを出展。パチンコホールへの導入実績もある同社の演出照明をはじめ、透明伝導フィルムにLEDチップを実装することでガラス面に映像コンテンツを配信できる「フィルムLED」を展示した。ウインドウを最大限に有効活用し、店内や商品を見せながら綺麗な映像を表示することができるほか、日中の直射日光があたる場所でも十分な視認性を発揮できるなど汎用性の高さが魅力のアイテムとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.