回胴遊商の九州・沖縄支部がサンゴ礁の保全活動

植付の様子

回胴遊商の九州・沖縄支部は10月15日、沖縄県宜野湾市の宜野湾マリン支援センターでサンゴの保全活動を実施した。この活動は絶滅の危機にある沖縄のサンゴ礁を保全するために、同支部が平成20年から継続している活動で、今回で14回目となる。保全活動にはNPO法人コーラル沖縄の関係者が全面的に協力している。
 
当日はコーラル沖縄の成田隆一理事によるサンゴの生態やサンゴ礁再生の取組みに関する講習がセンター会議室で行われ、参加した組合員20名が受講した。講習後はセンター施設内の水槽に移動し、自らの手でサンゴ苗100株を台座に固定して、水槽内に収めた。これらのサンゴは植付け後、自然生育に耐えられるまで成長させ、コーラル沖縄のダイバーによって海底に植付けられる予定になっている。植付け終了後、参加者からは「令和2年度は、海水取水装置故障のため、我々の手で植付けることができなかったので、今回、実施できて良かった。未来を担う子どもたちには、このサンゴの植付けを体験してもらうことが大切だと思いますので、また一緒に植付けが出来る日が来ることを祈っています。今後もこの活動を継続していきたい」との感想が寄せられた。また、開催に向けて挨拶を述べた九州・沖縄支部の田島一郎支部長は「今回で14回目となり、回胴遊商の環境保全活動として定着しています。令和4年度は、以前のように子どもたちを招待して実施できることを願っています」と語った。
 
なお、今回の保全活動は、新型コロナウイルス感染拡大が終息しないことから、田島支部長、森山正秀副支部長をはじめ、沖縄県所在の組合員に参加を限定したかたちで行われた。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年12月号

主な記事:

飲食店の時給が一気に高騰 ホールに求められる「新たな求人スタイル」
過熱する外食産業とのアルバイト争奪戦 緊急事態宣言解除でまたも人手不足へ

エリアレポート
歯止めが掛からない「都内駅前立地」の店舗減少

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑫ 徳島文理大学 鍛冶博之氏

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ②
「白書で確認できる機種分析の方法」」

焼肉業界の成長企業 ビッグアームが遊技場経営企業への提案を本格始動

パチンコ業界の「火災保険」に強い外資系保険会社への切り替えを提案

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.