SANKYOが特別協賛する「河森正治EXPO」が開幕

SANKYOが特別協賛する河森正治氏の企画イベント「河森正治EXPO」が5月31日、都内の東京ドームシティ ギャラリーアーモで開幕した。

このイベントは「マクロス」や「アクエリオン」シリーズなどの人気作品を手掛けるビジョンクリエーター河森正治氏のプロデビュー40周年を記念したもの。各作品に登場するメカやキャラクターフィギュア、数百点以上にもおよぶデザイン画、絵コンテ、アイデアノートなどが展示され、原作、監督、脚本、絵コンテ、メカデザインまで幅広くこなす河森氏の作品や足跡が振り返られるような構成になっている。
 
映像的な見どころとしては、会場内に「K-40ドームシアター」を設置。河森氏の世界観を表現したイベント限定の新作映像を大型ドームの全天周を使って臨場感溢れる上映が行われているほか、メインパビリオンの中央奥にはアクエリオンの必殺技で知られる「無限拳」を大量のプラモデル箱で再現した巨大なオブジェも展示。さらに、河森氏が演出やギミックの監修も担当した今夏導入予定のSANKYOの新機種「PフィーバーマクロスΔ(デルタ)」の実機も展示されている。
 
開幕当日には会場に河森氏が訪れ、展示内容の詳細な解説も行われた。なお「河森正治EXPO」は6月23日まで開催されている。
 
(C)2015 BIGWEST/MACROSS DELTA PROJECT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年6月号

主な記事:

新規則機への移行に向けた「最後の猶予措置」
旧規則機取扱いの21世紀会決議を改定 厳しい市場環境受け設置期限を延長

「遊技通信」1500号記念 通刊第15号(昭和27年2月25日号)再録

日本有数のビジネス街と観光地「新橋」「銀座・有楽町」「浅草」の変遷

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
オーイズミ 大泉政治代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.