パチスロの出玉試験が一部変更、高純増AT・ARTに歯止め

警察庁は8月28日、保通協で実施されているパチスロ機の出玉に関わる型式試験プロセスの一部変更をパチスロメーカー各社に伝達した。適用開始は、9月16日の保通協申請持ち込み分からとなる。一部遊技機に、ペナルティといわれるような仕様を搭載することなどで、特定の押し順で遊技した場合の出玉率が、著しく低く設計されているパチスロ機が散見されることから、その是正を目的としている。

今回変更されるのは、保通協に持ち込まれたパチスロ機が、現在規則で定められている出玉率の下限である55%を満たしているかどうかを判別するための試験手順。これまでは、液晶などでナビゲートされる押し順などに従って獲得した出玉をもとに、下限の制限値を満たしているかどうかが判別されていたが、今後は、各種ナビゲートの有無に関わらず、遊技機ごとに設計値を確認した上で、最低の出玉率を試験する。

これにより、現在パチスロ市場で多くの設置シェアを占めている1ゲーム純増3枚などといった高純増タイプのAT・ART主体で出玉を獲得していく仕様の適合は、事実上不可能となる見込みだ。持ち込み自体は可能だが、開発関係者によれば、変更後の出玉試験で、AT・ARTを主体とした仕様を適合させるには、通常時の1,000円あたりのゲーム数(ベース)を45回程度にまで上昇させる必要があり、現実的に持ち込むことは難しいという。

この数年、AT・ART機などが牽引し、拡大基調にあったパチスロ市場だが、今回の試験プロセス変更が及ぼす影響は大きそうだ。すでに、中古機市場では、高純増AT機の価格が上昇するなど、その影響が現れてきている。

またネット上でも、様々な意見が交わされており、現行AT機の見返りに見合わない過度な吸い込み仕様からの改善と歓迎する声もある一方で、悲観的な考えもやはり多く、パチスロ市場に対する先行きの不透明感は増している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年10月号

主な記事:

依存問題で都遊協が研究助成する早野論文は「Scientific Reports」に掲載
基本法に基づく初の実態調査が公表 業界に求められる調査結果の検証姿勢

早野慎吾教授に聞く「ギャンブル等依存調査」の課題と方向性

ダイコク電機がWeb展示会&セミナー
トレンドを見極めた効率的な投資が必要

「みんなのパチフェス」生配信 視聴回数は124万回超に

MIRAIが「広告宣伝ルールの在り方」で公開経営勉強会

空きスペースが利益を生み出すホール駐車場の有効活用

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑨ 全日遊連理事長 阿部恭久氏
遊技通信創刊70周年記念対談 ⑩ 日遊協会長 西村拓郎氏

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.