ボランティアに参加した社員アサヒディードの従業員5名が8月4日、大阪市の桃山学院大学で開催された「2019年スペシャルオリンピックス日本・近畿ブロック水泳競技会」にボランティアとして参加した。
 
同大会は、知的障害のある人たちにスポーツトレーニングと、その成果発表の場を提供する水泳競技大会で、大会を通じて競技者の自立性と社会性を高めることを目的に毎年開催されている。アサヒディードは社会貢献活動の一環として2001年からボランティアとして大会をサポートしている。当日はアスリートをはじめ、ボランティア、コーチ、競技役員、応援団など総勢590名が参加。同社従業員5名は、大学生や他企業のボランティアたちと協力しながら、競技終了後の選手招集や、表彰式の準備などに汗を流した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

12月のホール企業採用熱、直近5年の同月比で最高値を記録

2020/1/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年1月号

主な記事:

PSともにゲーム性の拡がりを模索、来年早期の市場投入目指す仕様も
新規則機に示された7つの要件 市場環境に加わる新たな変革要素

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.