ダイナム、豊丸産業との共同開発機を11月上旬から導入

ダイナムPB機ダイナムは、豊丸産業と共同開発したPB機「P華牌R〜猿渡翔がローズテイルにやってきた〜GO」約500台を、11月初旬からダイナムジャパンホールディングスグループの店舗へ順次導入すると発表した。
 
PB機は二社がスペック設計や企画立案などを「協働」で手がけた6段階設定付きパチンコ機で、大当り確率を約1/99.9(設定1)にすることで、一般販売機に比べて初当りまでの使用金額を抑え、より大当りを体感しやすい仕様にしている。また、盤面上や風車にはダイナムのPB機ブランド「ごらく」専用のデザインを採用するなど見た目の差別化も図っている。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

10月のホール企業採用熱、過去5年の同月比で一番高い数値に

2019/11/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.