ダイナム、RPA導入で年間4,884時間の業務を効率化

ホール経営大手のダイナムは8月22日、株式会社DTS社との協業で、2018年に導入したRPA(Robotic Process Automation)によって、年間4,884時間の業務効率化を実現したと発表した。
 
同社は昨年から、業務の効率化や業務ミスなどのリスク低減を目標にRPAの導入を推進。ダイナム本部に所属する7部門と、グループ会社に所属する2部門の合計9部門においてオートメーション化を実現した。社外取引先にロボット作成を委託するBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)と、社内担当者が専門教育を受け、自らロボットを作成する内製化対応とを合わせて、営業データの抽出及び加工作業や、店舗修繕計画、メンテナンス、工事実績等の集計など業務の自動作業に置き換えた。同社では今後もRPAを積極的に推進していくなかで、導入部門の拡大や専門チームの組成などを検討していく方針で、「さらなる生産性の向上につなげていきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

10月のホール企業採用熱、過去5年の同月比で一番高い数値に

2019/11/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.