ダイナムが京楽産業.とPB機開発。4月下旬から順次導入スタート

冬ソナPB機ダイナムは京楽産業.と共同開発したパチンコ機「Pぱちんこ冬のソナタG」約1,350台を、4月下旬から各系列店舗へ順次導入すると発表した。
 
今回のPB機は京楽産業.とダイナムがスペック設計や企画立案などを協働で手がけた初のコラボ機。「ヨン様にたくさん会える」を開発コンセプトに掲げ、映像・楽曲がしっかりと体験できる7R大当りを採用した。スペックはメイン確率を1/99.9に抑え、大当りを体感しやすい仕様にしたほか、確変突入率や高確率などを既存機と差別化し、連続大当りに対する期待値も高めた。筐体上部には「GORAKU」エンブレムや、ハングル表記のごらく文字、コラボロゴマークを掲出し、オリジナル機との差別化も図った。また、お出迎えのボイスにダイナムグループの接客優秀スタッフが参加している。
 
なお、PB機はニラクのホールにも導入される予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2019採用意欲3

3月のホール企業採用熱、4か月連続で上昇

2019/4/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年4月号

2019-4
主な記事:

次世代型遊技機に帯びる熱
依存対策が新たな推進要素に

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.