ダイナムがPB機「PAヱヴァンゲリヲン13ごらくモデル」の発表試打会を開催

ダイナムエヴァ試打会1ダイナムは8月24日、同社のプライベートブランド(PB)パチンコ機「PAヱヴァンゲリヲン13ごらくモデル」の発表試打会を都内渋谷区のフィールズ東京ショールームで開催した。
 
同機は、9月2日からの導入が予定されているPB機ブランド「ごらく」シリーズの第10弾で、6段階設定付き甘デジタイプの新規則機。ダイナムとビスティ、フィールズがスペック設計や企画立案などを協働で手がけた。当日は、全国のダイナム会員のうち「エヴァ」シリーズをよく遊技しているファンのなかから13組21名を招待し、会場では同社スタッフの接客優秀者11名が来場者の出迎えや場内の誘導、遊技説明などを行った。
 
試打会の冒頭に挨拶した藤本達司代表取締役は、「当社では2006年からPB機の開発に携わっているが、昨年1月に立ち上げた『ごらく』ブランドは、単に遊技機を設置するだけでなく、接客やサービス、商品説明などをトータルコーディネートしてお客様に提供する、というコンセプトの元で開発を行っている」と語ったほか、「賛同していただけるメーカー、ホール企業と連携を図って遊技機の価格を引き下げ、お客様に安く楽しんでもらえる環境を構築することで最終的にはパチンコファンの拡大にもつなげていきたい」と語った。

会場では、パチンコライターのさやかさんとカブトムシゆかりさんが機種プレゼンテーションを行い、同機のスペックや特徴、さらにはその魅力などを解説。また、ホール導入を記念して行われる「AR・ツイッターキャンペーン」の紹介なども行って会場を盛り上げた。ダイナムエヴァ試打会2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年4月号

主な記事:

人手不足の解消気配でホール企業間で格差拡大か
新型コロナ禍が影響を与えるホールの働き方改革への取組み姿勢

高円寺・吉祥寺・武蔵境・立川・八王子
都心と多摩地区をつなぐ大動脈 中央線沿線ホールの変遷

幕張メッセで「販促EXPO」アフターコロナを見据えた提案も

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
アミュゼクスアライアンス 田守順代表

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.