ダイナムジャパンホールディングスは2019年3月期の連結決算をリリースした。
 
それによると営業収入は前期比3.8%減の1,463億7,100万円、
税引前当期利益が193億6,900万円、当期利益は同15.2%増の125億9,100万円の減収増益となった。
 
収入面では2018年2月に施行された遊技機の出玉抑制を主とした改正遊技機規則の影響で、高貸玉店舗を中心とした営業収入が減少。一方、利益面では顧客の遊技データに基づく遊技機選定や、中古遊技機の活用など経費効率の向上に努めた結果、前年同期を上回った。さらに顧客視点に基づいた遊技機構成の変更や店舗設備リニューアルなど、稼動向上に向けた各種営業施策を継続的に実施してきた結果、当期利益は2期連続で増益を達成した。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

保通協イメージ

パチスロ、パチンコ適合率がともに今年の最高値を記録、パチンコ適合率は50%超え

2019/6/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年6月号

2019-6
主な記事:

平成から令和へ、元号をまたぐ初の10連休
超大型連休の好業績に光明もあらためて浮き彫りになる課題

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.