ニラクが福島県内の小学校に鉛筆を寄贈

ニラク鉛筆寄贈201904福島県を中心に店舗展開するニラクが福島市太平寺で営業する「ニラク福島太平寺店」では、このほど福島県県内の小学校26校に来店客の善意で集められた鉛筆1万1,088本を寄贈した。ニラクが取り組む地域貢献活動「Active Local Engine」の一環として2016年のグランドオープンから続けている活動で、現在まで2万9,444本(92万7,486円相当)を届けている。
 
また、同社では地域の小学校を対象に寄付に関するアンケート調査を実施し、寄付に関する反応や地域のニーズを知るとともに地域との関係づくりに役立てている。寄贈先の小学校からは「普段の学習で使用できるこのような取り組みは大変ありがたい」「有効に活用させていただいている」「子どもたちのことを想ってもらいありがたい」など感謝の声が集まっており、同店の西浦ストアマネジャーは「さらなる地域のニーズを発見し、地域に貢献していきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年2月号

主な記事:

巨大ターミナル駅を舞台に展開された局地戦
首都圏随一の激戦区 池袋・渋谷・新宿の変遷

全日遊連が「依存対策実施状況調査」まとめる
依存対策実施率は高水準推移 今後の課題は周知活動

遊技通信創刊70周年記念対談・
グローリーナスカ株式会社 井寄義孝社長

インタビュー/矢野経済研究所主任研究員 高橋羊氏・青山財産ネットワークス取締役 島根伸治氏
コロナ後を先読みしたグループ店舗戦略と縮小マーケットにおける財産保全

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.