ノヴィルが遊技事業集約し持株会社体制へ

徳島県を中心としたホール運営をはじめとして、幅広い事業展開を行うノヴィル(久岡征司社長)では、2020年2月1日から会社分割により事業持株会社体制に移行することを決めた。中長期的な企業価値の向上を図り、持続的な成長と効率的な事業運営を目指したもので、グループ全体に分散している遊技事業を集約する。
 
同社では19年9月に会社分割でノヴィルフロンティアとノヴィルオートモービルズが運営する遊技事業をノヴィルに集約。2月からは、これを含むノヴィルが運営する遊技事業とノヴィルホールセール、昌栄産業の運営する遊技事業のすべてを新設する「ノヴィル株式会社」に集約する。あわせて、現在のノヴィル株式会社の商号をノヴィルホールディングス株式会社に変更し、グループ全体の経営管理を行う予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

旧規則パチンコ・パチスロ機の経過措置を変更した改正法が施行

2020/5/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年6月号

主な記事:

新型コロナ禍で各地のホールに休業要請 開店ホールも多く混乱
要請無視のホールにマスコミが殺到 業界へのバッシングが加熱

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.