善都がビートたけしさん起用の新広告展開を開始

善都リリース20190401愛知県のホール企業・善都(都筑善雄代表取締役社長)は、4月1日からビートたけしさんを起用した新広告の展開を開始した。
 
アーティストとコメディアンの顔を持つビートたけしさんと、アミューズメントのNEXTを追求するZENTのコラボレーションは4年目。今年のビジュアルには、たけしさん自身が描いた「ミニたけし」とともに、「常に遊び心を持っていこう」というメッセージを込めたという。また、「たけしが、見てるゾ。」というキャッチフレーズには、芸の世界で先導者としてあり続けているたけしさんから「常に見られている」という意識を持つことで、他の模範となれるよう、常に謙虚な姿勢を示しながら成長していきたいという思いが込められている。
 
同社では今後、名古屋地区のテレビスポットをはじめ、屋外看板広告や中部経済新聞、岐阜新聞、中日新聞三河版などに新広告を出稿する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2019採用意欲7

7月のホール企業採用熱、平均値以上で依然として高い状態

2019/8/13

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年8月号

2019-8
主な記事:

依存症対策基本法から1年
逆風続く国会でのパチンコ議論

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.