安田屋、菓子や食品を保育園や社会福祉団体に寄付

写真は左から安田屋の山下信浩代表取締役社長、フードバンクいたばしの藤村代表、板橋区社会福祉協議会の七島常務理事

関東圏を中心に27店舗をチェーン展開する安田屋(東京都板橋区)はこのほど、同社PB賞品(菓子)やその他食品の合計約12,000点を板橋区内の保育園や社会福祉団体に寄付した。
 
同社では国や都道府県からの緊急事態宣言に伴う営業自粛要請を受け、4月8日以降に全店舗を休業(5月25日現在で前橋店のみ営業再開)していたが、この休業で在庫となった賞品を寄付。板橋区内の保育園のほか、板橋区社会福祉協議会、豊島区民社会福祉協議会、フードバンクいたばし、フードバンクちばを通じて社会福祉施設などに届けられることになっている。
 
今回の寄付は、社会貢献ならびに「フードロス削減」の観点から実施したものだが、同社では今後も地域社会への貢献活動を継続的に実施していくとしている。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.