5月のホール売上 対前年同月比で78%の減

経済産業省が行う特定サービス産業動態統計調査の速報値によると、この5月のパチンコ店の売上高は対前年同期比で約78%の下落だったことがわかった。調査事業所数は1,213店舗(前年調査は1,234店舗)で、調査事業所における遊技機の総設置台数は65万197台(同65万9,765台)。政府が新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言の対象を、それまでの7都府県から全国に広げたことで、全国の遊技場がゴールデンウィーク商戦を休業したほか、東京など首都圏では5月いっぱいの休業を余儀なくされていた。
 
その月の売上高を調査事業所数が保有する遊技機台数で割った1日の平均台売上高も、前年同期比で約77%のダウンとなり、約61%のダウンとなった4月期に続いて、統計をとって以来の最低値を更新した。
 
なお、同調査における対個人サービス業の対象業種の売上高は、前年同月比で「ゴルフ場」54.0%、「ゴルフ練習場」74.5 %、「ボウリング場」12.2%、「遊園地・テーマパーク」1.2%、「パチンコホール」22.5%、「葬儀業」76.4%、「結婚式場業(企業調査)」2.0%、「外国語会話教室」42.3%、「フィットネスクラブ」6.2%、「学習塾」78.1%だった。
 
なお、「パチンコホール」の3月期は対前年比80.4%、4月期は38.2%だった。また、各業種の比較では、「ゴルフ場」「ゴルフ練習場」「ボウリング場」「フィットネスクラブ」が4月期を上回り、「遊園地・テーマパーク」「葬儀業」がほぼ横ばい、「パチンコホール」「結婚式場業」「外国語会話教室」「学習塾」が4月期よりさらに下回っている。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.