ダイナムジャパンHD、中間決算で減収減益

ダイナムジャパンホールディングスは11月25日、2021年3月期の中間連結決算をまとめ、収入、利益面ともに減収減益だったことを発表した。営業収入は前年同期比37.9%減の459億9,200万円、税引前中間利益は同88.8%減の14億7,700万円、中間利益は同92.1%減の6億8,900万円だった。
 
上期は新型コロナウイルス感染症拡大の影響を大きく受け、4月にグループ全448店舗中、436店舗が各都道府県知事からの営業自粛要請を受けて一時休業。5月上旬以降、順次営業を再開し、6月からは全店で営業再開したものの、7月以降の営業収入は前年の70%~80%の回復に留まっているという
 
収入減に対する対応としては機械費、人件費、変動費および固定費を下げることを上期に引き続いて計画。損益分岐点を下げ、継続的に安定した収益を確保できる体質に変化させていると説明している。下期の業績は、第3四半期、第4四半期ともに黒字を確保する見込みで、通期においても黒字で着地すると想定している。ただし、依然として先行きが不透明であることから具体的な数値には触れていない。

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.