平成観光の「ケイズ手稲店」が省エネ激励賞

東海地区を中心に17店舗を経営する岐阜県の大手ホール企業・株式会社平成観光の「ケイズ手稲店」が3月18日、日本冷凍空調設備工業連合会から運転・保守管理部門で激励賞を受賞した。同賞はエネルギー消費の削減と高効率機器の開発・提供を行う企業を表彰するもの。
 
3月24日、新宿区の遊技会館で行われた受賞記念会見で、平成観光の東野昌一社長は「ケイズ手稲店は新規店だったということもあって、何か新しいことにチャレンジしようということで、国連が定める持続可能な開発目標SDGsへの取り組みの一環として省エネシステム『スマートエアシリーズ』を導入した。決して賞を目指して取り組んだ訳ではないが、結果としてこうした評価をいただけて会社としても大変喜んでいる」と挨拶。今後も継続的に省エネ活動に取り組んでいく考えを述べた。
 
「ケイズ手稲店」が導入したスマートエアシリーズは、店内環境に合わせたエアコン運転制御によって、必要な分だけを換気する省エネ機器で、エアコンから排出される空気にオゾンを注入することでウイルス感染リスクも低減させる機能も搭載されている。機器を開発し、設備施工を担当した株式会社未来のコトの中農竜二代表取締役は「昨年4月に健康増進法が施行され、店内が全面禁煙になったにもかかわらず、換気量をそのままにしている施設が多い。当社が手掛けているスマートエアシリーズは禁煙後の空気環境に合わせて換気扇の運転を1/3に抑制し、消費エネルギーを合理化することで大幅に電気代を削減した」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年11月号

主な記事:

半導体に続き樹脂や金属類も不足、周辺機器市場へも影響与える
深刻化する部材不足による新台の停滞 試練続く経過措置期間の遊技機環境

「レジャー白書2021」発表 コロナ禍の余暇市場まとめる
新型コロナ禍が拍車掛け市場規模も大幅縮小 求められる「ファン人口」より「参加人口」拡大の施策

ホール企業と組合が各地で職域接種

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑪ 日工組理事長 榎本善紀氏

話題の新サービス ダイコク電機「スマート入場システム」

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ①「業界動向10大キーワード」

幕張メッセで「東京ゲームショウ2021」開催

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.