2021.10.6

埼玉県の産経商事の従業員が人命救助で表彰

表彰を受けた大澤副主任(中央)と大野さん(右)。右は福田署長

埼玉県の産経商事が経営する「ウイングエース西川口店」のスタッフが心肺停止状態で倒れている男性を救助したとして、同店副主任の大澤裕也さんとスタッフの大野恵也さんが10月4日、川口市消防局南消防署から消防協力者の表彰を受けた。
 
同署によると8月16日、開店直後に駐輪場を整理していた大野恵也さんが、非常階段付近で50代の男性が倒れているのを発見。声をかけたが、反応がなかったため副主任の大澤裕也さんに報告した。2名は男性の意識や呼吸が確認できなかったことから直ちに119番通報し、その間、店内にあったAEDや心臓マッサージなどで救命措置を施した。駆けつけた救急隊員によって病院に搬送された男性は一命を取り止めた。9月9日、無事に退院した男性は店舗を訪れ、二人に直接お礼の言葉を述べたという。
 
川口南消防署横曽根分署で行われた表彰式で福田一之署長は、「救命活動は直後の対応が人命に大きく影響を及ぼすが、隊員からの報告によると、男性は非常に危険な状態だったが、お二人の適切な救命措置によって救われた。深く感謝している」と称え、感謝状と記念品を手渡した。大澤さんは「講習会での経験とそこで学んだ知識が役立てて良かった」と述べ、大野さんは「次にこのような事態が起きたら、時間と状況をメモして救急隊員に引き継ぎたい」と話した。
 
産経商事では社員教育の一環として2007年からAEDの操作方法を学ぶ講習会を定期的に開催。同社の小野寺都志一営業部長は「日頃の備えが大切だと実感させられた」と感想を述べた。

RELATED ARTICLE 関連記事