愛媛県遊協が県警と災害時の施設使用に関する協定を締結

愛媛県遊協はこのほど、南海トラフ巨大地震などの大規模災害時に、ホールを警察の活動拠点として活用することなどを定めた「災害等発生時における施設使用等に関する協定」を愛媛県警察本部と締結し、2月26日に松山市内の県警本部で締結式を行った。
 

協定は、愛媛県内において大規模災害などが発生した場合に、円滑な警察活動を推進するため、愛媛県遊協に加盟する107店舗の施設を活動拠点として活用するとともに、店舗従業員が知り得た災害情報や道路状況などの情報を提供することで迅速かつ効果的な救出、救助活動を支援するための協力体制がとれるよう書面による協定を締結した。締結式には、愛媛県遊協の川井義廣理事長と愛媛県警察本部の山内泰警備部長が出席し、協定書にサインした。


 
愛媛県警の山内警備部長は「災害等が発生した場合、救出救助部隊を動員する際の活動拠点の確保が課題だったが、愛媛県下全域に多数の店舗を有する組合の協力をいただき、活動に専念する環境が整い感謝申し上げる」と謝辞を述べた。これを受けて川井理事長は「今回の協定により、警察活動の支援が少しでもできることを喜んでいる。駐車場や施設を存分に活用していただくとともに、従業員も微力ながら周辺の道路状況や被害状況など、知り得た情報を積極的に提供させていただきたい」と語った。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年4月号

主な記事:

人手不足の解消気配でホール企業間で格差拡大か
新型コロナ禍が影響を与えるホールの働き方改革への取組み姿勢

高円寺・吉祥寺・武蔵境・立川・八王子
都心と多摩地区をつなぐ大動脈 中央線沿線ホールの変遷

幕張メッセで「販促EXPO」アフターコロナを見据えた提案も

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
アミュゼクスアライアンス 田守順代表

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.