日本カジノスクールが「ギャンブル依存症講座」を開設

カジノスクール201905日本カジノスクールは2019年4月から「ギャンブル依存症講座」をカリキュラムに導入し、その第1回目の講座が5月31日、東京校で行われた。

講座は国際ゲーミング学科総合コースの必須科目。全4コマを2日間に分けて行い、ギャンブル依存について、教科書的な知識に留まらない実態の理解を促すほか、国内外のカジノにおける対策の現状や、問題があるギャンブラーの見分け方、さらには問題があるギャンブラーにどのように接するかなど、現場レベルでの解決策を体験的に学習する。
 
講師はアルコールやギャンブル、薬物、ネットなど、さまざまな依存症からの回復支援施設、一般財団法人ワンネスグループ共同代表で精神保健福祉士の三宅隆之氏が務めた。初日の講座で三宅氏は、依存と依存症の違いやどういう人が依存症に陥るかなど、基礎的な理解を促したほか、いかにして依存状態から脱却するかの説明などを行った。講座ではさらに、実際にカジノフロアで問題を抱えた人に対し、どのように接するかのロールプレイも行う。
 
日本カジノスクールは日本初のカジノディーラー専門養成機関として2004年に設立。これまでに約800名の卒業生を輩出し、国内のアミューズメント施設や海外のカジノで活躍する卒業生も増えている。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.