マース、人工知能搭載の「AIユニコン」発表

マースエンジニアリング展示会マースエンジニアリングは7月10日、都内港区のANAインターコンチネンタルホテル東京で「2019マース新製品発表展示会」を開催し、2017年に発表した「ユニコン」に人工知能(AI)を新たに搭載した「AIユニコン」を発表した。
 
大手コンピュータ会社・富士通の協力を得て開発したという「AIユニコン」は、ユニットを通じて収集した精度の高いPL(プレイヤー・ライン)データに、曜日、天候、季節要因など、さまざまな条件を加味し、売上目標の達成見込みや、今後のアウト値をAIに予測させるというもの。個人遊技のパターンをAIが学習し、タイマー値にとらわれないPLデータを紐付けすることで実現した。導入店においては、AIが弾き出した「予測」を見据えながら、その後の営業戦略を立案できるのが大きな特徴といえる。「ユニットから上がってくる日々の膨大なデータをクラウドが算出し、そこで弾き出された予測値を専用サーバーへ送信するという仕組み」(同社関係者)で、専用モニタには入力した月々の目標値に基づいて、色分けした折れ線グラフや棒グラフで表示。また、「危険」「不安」「良好」「過剰」といった予測結果も知らせる。さらに「AIユニコン」には店舗の施策ごとに未来の累計台粗利の予測や、遊技台撤去候補のランキング、入れ替え機種のピックアップ、機種同士のレーダーチャート形式による比較表示など、入れ替え戦略を効率的にサポートする機能も搭載されている。新製品発表会で挨拶にたった同社の松波明宏社長は、新製品への意気込みを語りながら「人工知能という非常に進化した機能を搭載させた『AIユニコン』が、ホール様の日頃の営業の一助になれれば」と述べた。
 
会場ではほかに、賞品自動払出機と連動した「セルフ交換対応POS」や、接客対応、呼出対応など業務オペレーションの効率化に寄与するウェアラブル端末「マーススマートウォッチⅡ」、パチンコ、パチスロの抱き合わせ島でも一台の金庫で対応する「立体Air紙幣搬送システム」、さらに参考出品としてキャッシュレス時代に対応したQR決済システム「マースペイ」なども展示され、多くの来場者の関心を集めた。
 
また、この日は展示会と並行して、富士通株式会社AIビジネス総括部プロモーション推進部の風越直紀マネージャーによる基調講演、マースエンジニアリング東京営業部西東京営業所の中岡靖博所長、同営業企画部の澤田陽介マネージャーによる特別セミナーも行われた。
 
なお、新製品発表展示会は東京を皮切りに、名古屋(7月12日)、福岡(7月17日)、大阪(7月19日)で行われる予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.