浅間製作所がイチネンホールディングスの子会社に

株式会社イチネンホールディングス(東証一部、黒田雅史代表取締役社長)は10月31日開催の取締役会で、遊技機部品の製造及び販売を行う株式会社浅間製作所(名古屋市瑞穂区、中林広樹代表取締役社長)を事業継承することを決議した。100%子会社として、新たに設立した会社に吸収分割で承継する。
 
イチネングループは、傘下会社で「自動車リース関連事業」、「ケミカル事業」、「パーキング事業」、「機械工具販売事業」、「合成樹脂事業」の5つの事業を展開。基盤事業の強化を進める一方で、新規事業への参入や規模拡大を目的とした積極的なM&Aを行っている。今回、浅間製作所の事業を継承することによって、グループの合成樹脂事業で遊技機部品の製造・販売を行うイチネンジコーの事業との高い相乗効果が見込まれるとしている。
 
浅間製作所は2020年3月2日付でイチネンホールディングスの100%子会社となり、人材及び資産、権利はすべて譲渡される。社名や拠点、組織は変更しない。新経営体制は、イチネングループから尾田洋一氏を新たに社長に迎える予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチンコ、パチスロともに保通協適合率が微増

2019/11/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.