昨年のホール閉店数は562店舗 矢野経済がまとめる

矢野経済研究所は、同社のパチンコデータベースから2018年末時点に営業していた9,783店舗を抽出し、2019年末時点の閉店ホール数をまとめ、昨年閉店したホールを全国で562店舗、閉店率は全体の6%だったと発表した。閉店数は前の年と比べて62店減、前々年からは75店舗減となり、閉店率は前年、前々年と同様に6%で推移した。
 
7月15日に行われたアミュゼクスの月例セミナーで説明にあたった同社の高橋羊上級研究委員は、閉店数が2年連続で減少し、なおかつ閉店率が6%と変わらずに推移していることで、「閉店の勢いはあまり加速していない」と分析したが、その一方で、2020年は、新型コロナウイルスに伴う営業自粛による大幅な売上減、新規則機移行に伴う設備投資負担、改正健康増進法施行による集客低下など、ホール企業にとって、厳しい要因が重なることで、閉店数が急増する可能性がある、との見解も示している。
 
また、同社ではこれに関連して上位196社の企業グループの過去10年間における店舗数増減(グループ規模の変化)と、1店舗あたりの平均設置台数という2つの指標に基づいて、「安定成長」「拡大優先」「再編縮小」「要対策」の4つのカテゴリーに分類し、その上で上位企業における閉店・倒産リスクについての解説も行っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.