【パチンコ新台レビュー】SANKYO「羽根モノ スカイレーサー」

盤面上SANKYOはこのほど、業界初となる6段階設定を搭載した羽根モノの新機種「羽根モノ スカイレーサー」(ジェイビー製)のプレス向け試打会を都内で行った。ホール導入予定日は10月15日からとなる。

久々の羽根モノとなった今回の新機種は、ヘソの始動口入賞で羽根が開放、羽根に拾われた玉がVに入賞すれば大当りというのが基本的なゲームフローだ。

一般的な羽根モノと異なるポイントは、ヘソの始動口入賞で羽根の開放回数が、1回もしくは2回のどちらかが抽選されるという遊び方に関する点が一つ。もう一つは、大当り後の時短中、さらに大当りを引き当てることで、時短20回の「スカイラッシュ」が、約70%〜約73.5%で継続する出玉性能が発揮されるという点だ。なお、羽根は全設定共通で1回開放が90%、2回開放が10%という振り分け率になっている。

ヘソ部分に始動口が配置されているため、羽根モノ特有のハカマ釘は打ち込まれておらず、ホールの運用が比較的容易になるというメリットがある。また、羽根モノに触れたことのないプライヤーにとっても、とりあえず、ヘソ部分の始動口を狙うというセブン機と同じような感覚で遊ぶことができるとっつきやすさも生じさせている。

加えて、時短中に大当りを引き当てることで、さらなる出玉に対する期待感が高まるという突破型のゲーム性が盛り込まれるなど、今どきの仕様も採用。もちろん羽根モノならではの、玉の動きを目で追う楽しみは従来通り存在している。さらにいえば、設定の搭載による出率運用のしやすさは、プレイヤーにとっても、遊べる環境に対する期待が抱けるという点に繋がる部分ともいえるだろう。

ヘソ始動口を通じた大当り時のラウンドは、10R、5R、3R(直撃大当り時は10R、4R、2R)がほぼ同じ割合で抽選されるが、ラッシュ中大当り(電チュー始動口)は全て10Rとなる。盤面下部にフルオープンのアタッカーが設けられているので、安定した出玉が獲得できるほか、連チャン時にはまとまった出玉に対する期待が抱ける仕様となっている。

少し分かりづらいが、乗務員役物の制服には、左側が「J」、右側が「B」と製造メーカー名が記されている

少し分かりづらいが、乗務員役物の制服には、左側が「J」、右側が「B」と製造メーカー名が記されている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

高射幸性機の自主規制問題で混乱 全日遊連が情報管理の徹底を要請

2019/10/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年10月号

2019-10
主な記事:

入替対象は年末までにおよそ20万台、6号機市場移行への試金石に
確実視される売上の減少 旧規則パチスロ機の撤去本格化へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.