コナミAがパチスロ麻雀格闘倶楽部最新作を発表、アガリ役と出玉がリンク

麻雀格闘倶楽部参コナミアミューズメントは6月18日、都内港区のミッドタウン・イーストで人気シリーズ最新作となるパチスロ機の新機種「麻雀格闘倶楽部参」のプレス向け商品説明会を開催した。当日は、日本プロ麻雀連盟の森山茂和会長をはじめ、人気女流雀士らが応援に駆けつけ、新機種をピーアールした。

純増約5枚のAT主体に出玉を増やす仕様となっている新機種は、リプレイで手配を進め、レア役でアガリを目指すという従来のゲームシステムを継承しつつ、アガった点数にリンクしてAT初期枚数が決定されるという「新・リアル対局システム」が搭載されている点が特徴だ。子の満貫8,000点なら80枚、同跳満12,000点なら120枚と、出玉獲得に対する期待感が目に見えるゲーム性が実現されている。

連チャン性は、枚数上乗せで創出される仕組み。上乗せ確率は約1/8.9(高確率時約1/5.2)と高確率で設計されているため、小刻みな上乗せが堪能できる仕様となっている。さらにAT後は引き戻しゾーンとして、アガリ点数が1.5倍となる親対局が発動。対局に勝利することで、ATが継続するほか、8連チャンで役満達成となり、480枚+αの出玉獲得が可能だ。

ホール導入予定は8月から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.