サミー、ウルトラ社と共同でCG映像制作会社を設立

サミーは10月10日、映像コンテンツ制作やライセンス管理事業などを手がけるウルトラスーパーピクチャーズ社(東京都杉並区、松浦裕暁社長)と共同で、新たなCG映像制作会社「株式会社ギャラクシーグラフィックス」を設立したことを発表した。ウルトラ社における映像コンテンツ受託事業を担うサンジゲン社のアニメCGの技術と、サミーの遊技機開発のノウハウを融合させ、新たな映像制作ラインを確立させることが目的だ。

新会社「ギャラクシーグラフィックス」の社長はウルトラ社の松浦裕暁氏が務め、サミーからは、徳村憲一氏、関山道生氏、阪口英昭氏、田中直剛氏がそれぞれ新会社の取締役に就く。資本金は7,500万円で、出資比率はウルトラスーパーピクチャーズ社51%に対しサミーが49%。本社は東京都杉並区に設ける。

サミーでは今回の新会社設立について、「日本のアニメーション表現の多くは『セルルック』と呼ばれ、サンジゲンはその『セルルック』をCGで再現することを得意としたアニメ制作会社。そして、当社もまたアニメや漫画を原作としたパチスロ・パチンコ機を多く開発しており、引き続き、多彩な遊技性とコンテンツの世界観、シナリオをコラボレートさせ、先駆的な試みに挑戦していく」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年3月号

主な記事:

回復基調に水を差す緊急事態宣言の再発令と措置の延長
低稼動状態からの反転攻勢へ 業績向上のカギはパチンコの管理

地域の発展や変化に合わせて拡大・伸張した激戦区の現在
首都圏繁華街にある「衛星都市」の変遷

全日遊連全国理事会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

遊技通信創刊70周年記念対談・
光和総合法律事務所 渡邊洋一郎弁護士

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年2月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.