セガサミー、宮城県七ヶ浜町と地方創生で連携協定

セガサミー七ヶ浜町セガサミーホールディングスは6月17日、宮城県七ヶ浜町と地方創生に係る包括的連携協定を締結した。同社の従業員を7月1日から同町へ派遣し、「うみ・ひと・まち・七ヶ浜」をキャッチフレーズに地域創生、活性化に関わる事業企画の推進を図っていく方針だ。

協定締結の会見に出席した里見治紀社長(=写真右)は、「今求められていることは、七ヶ浜を訪れる人を増やすという役割だ。エンターテイメントに関わる企業だからこそできることを、持続可能性がある仕組みで創出し、イベントなども実現できたらいいと思う」と語った。

一方、同町の寺澤薫町長は、「震災以降の復興支援によって、今では見違えるように再生することができ、やっとゴールが見えてきた。ただ、先が明るいといえばそうではなく、少子高齢化が加速しており、今後、町に関わる人口を増やしていくために、意見交換して取り組んでいきたい」と期待感を表した。

同社では、東日本大震災発生直後から同町をはじめとする被災地へ従業員を派遣して、復旧支援活動を行っており、同町に対する復旧活動はこれまでに23回、延べ273人の社員が参加している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.