セガサミーが中間決算を発表、通期業績予想も修正

セガサミーホールディングスは10月31日、平成27年3月期の中間決算を発表した。それによると、売上高は前年同期比4.9%減となる1,542億4,500万円、営業利益は同72.2%減の34億5,200万円、経常利益は同76.6%減の33億4,200万円、純損益は前年同期に計上した113億4,800万円の黒字から、20億7,900万円の赤字となった。主力の遊技機事業では、パチンコ機販売は当初計画を上回ったものの、パチスロ機販売が計画に届かなかった。結果、同事業での売上高は、前年同期比14.9%減の607億2,700万円、営業利益は同51.3%減の73億9,100万円と減収減益となっている。

また同日、通期業績予想も修正した。そこでは、売上高が前期比2.1%減となる3,700億円、営業利益は同53.3%減の180億円、経常利益は同58.1%減の170億円、最終利益は87.0%減の40億円となる見通しを示した。先般実施された保通協での型式試験方法変更の影響により、一部パチスロタイトルの販売スケジュール等を再検証した結果、パチスロ機の年間販売台数を当初計画の37万4,000台から、22万2,000台に修正したことなどが要因としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.