セガサミークリエイションが初のカジノ用スロット筐体をリリース

セガサミー初のカジノ・スロット筐体カジノ機器の企画・製造・販売を展開するセガサミークリエイションはこのほど、同社初となるカジノ施設向けのスロットゲーム筐体「ジェネシス・スラント」をリリースした。同筐体は、スタンドアローン型のエレクトロニック・テーブル・ゲーム筐体としても汎用可能なスラント型のスロットゲーム筐体。今後アジア各国をはじめ、グローバルに販売を展開する計画になっている。すでに、マカオの大型カジノ施設への導入も決定済みだ

筐体の特徴は、32インチのフルHDモニターと2.1chスピーカーを内蔵したカスタムボックススピーカーで、色鮮やかな映像と臨場感のあるサウンドがゲームの没入感を高める点。メインモニターを囲むアッパーフェイスパネルにはアルミ素材が使用されているので、指紋などの汚れが付着しにくく、快適なプレイ環境を維持するという。

なお、同筐体でプレイ可能なゲームソフトには、プレイヤーの選択でジャックポット等のプライズを引き当てるボーナスゲームを搭載した「ムーンライト・トレジャー」(=写真)や麻雀の牌や役を参考にしたゲーム性の「フォーチュン・タイルズ・オブ・ドラゴン」など多様なラインナップが用意されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.