セガサミーグループ5社がLGBTへの取り組みで最高ランクの「ゴールド」受賞

ワークウィズプライドロゴセガサミーホールディングスは10月11日、企業・団体のLGBTに関する取り組みを評価する「PRIDE指標」に、サミー、セガホールディングス、セガ・インタラクティブ、セガゲームスとの5社連盟で初エントリーし、最高ランクとなる「ゴールド」を受賞したことを発表した。

この「PRIDE指標」は、セクシャル・マイノリティであるLGBTの人が、誇りを持って働ける職場環境の実現を目的とした任意団体「work with Pride」によって、2016年に策定された評価指標。評価は、PRIDEの各文字に合わせた「Polecy(行動宣言)」「Representation(当事者コミュニティ)」「Inspiration(啓発活動)「Development(人事制度・プログラム)」「Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)」からなる5つの指標における総合点を集計。ゴールド、シルバー、ブロンズの3段階でランク付けする。

セガサミーグループでは、全社員に対し、LGBTに関する基礎知識を学ぶe-learningを実施しているほか、外部相談窓口の設置、同性パートナーを配偶者と同じ扱いとする各種制度の改定などを行っており、これらの取り組みが今回の最高評価に繋がった格好だ。また、LGBTの人が前向きに生活できる社会を実現することを目的としたイベント「東京レインボープライド」に対する協賛も行っている。

今回の受賞について同社では、「多様性への理解と尊重が新しいビジネスの創造につながると考え、ダイバーシティ経営に積極的な取り組みを行っている。今後も多彩な人財が自分らしく活躍できる環境づくりを推進することで、皆様に多くの感動体験を提供していく」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年2月号

主な記事:

巨大ターミナル駅を舞台に展開された局地戦
首都圏随一の激戦区 池袋・渋谷・新宿の変遷

全日遊連が「依存対策実施状況調査」まとめる
依存対策実施率は高水準推移 今後の課題は周知活動

遊技通信創刊70周年記念対談・
グローリーナスカ株式会社 井寄義孝社長

インタビュー/矢野経済研究所主任研究員 高橋羊氏・青山財産ネットワークス取締役 島根伸治氏
コロナ後を先読みしたグループ店舗戦略と縮小マーケットにおける財産保全

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.