ニューギン、「ハヤブサプロジェクト」対応のパチンコ新台を発表

EXゼウスニューギンは2月18日、日工組の有志メーカーが主導する「ハヤブサプロジェクト」の理念に則って開発された、パチンコ機の新機種「P EXゼウス」の内覧会を都内のショールームで行った。

同プロジェクトは、短時間で安定した出玉が得られ、パチンコ本来の玉の動きを楽しめることが基本コンセプトとなっている。今回リリースされた新機種では、役物と液晶が連動した大当りの抽選機構を搭載。玉の動きによってプレイヤーの高揚感を刺激するゲーム性が実現されている。

大当り確率は1/31.98。大当り時は約5,000個(10R×4セット)の出玉が約7分間で獲得可能。出玉増加のスピード感に秀でた仕様といえそうだ。

ホール導入予定は4月1日から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

警察庁外観

遊技場数が大幅減 業容縮小に拍車

2019/3/8

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年3月号

2019-3
主な記事:

ホールの人手不足を加速させる採用難と離職増のダブルショック

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年2月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.