ニューギンが熊本地震の被災企業をコラボ製品の制作で支援

ニューギン熊本ニューギンはこのほど、2016年4月に発生した熊本地震で被災した企業を支援する独自プロジェクト「ファイト!くまもと」第2弾として、熊本市内の老舗菓子メーカー「熊本菓房」と合同で、コラボレーション製品を制作。8月27日には、熊本県を中心に活動するタレント「ばってん城次」さんとともに現地で作業風景を視察した。

今回の企画は、熊本菓房が製造するゼリー菓子「芦北のデコポンゼリー」をニューギンオリジナルパッケージにして4,000個制作するというもの。製品は、全国のホール関係者にノベルティとして配布されるという。

熊本菓房の布井真太郎営業本部長は、震災以降、観光客の減少に伴う販売落ち込みに苦戦している現状を説明しながら、今回のコラボについて「ありがたいことに、全国のホール様に当社の製品を手に取っていただける機会を得た。商品の認知度を高めることは販路を確保する上で大変大切なこと。この縁を大事にして、商品づくりに励みたい」と感謝の言葉を述べた。

一方、視察に同行したばってん城次さんは、「熊本菓房さんは県が誇る老舗のお菓子メーカー。そこにニューギンさんが手を差し伸べてくださったと知って嬉しい。コラボ商品のデコポンは熊本の名産品で、一度食べて頂ければ間違いなく気に入っていただける」と太鼓判を押した。

またニューギン販売熊本営業所の平山昌幸所長は、「グループ全体で長年被災地支援を続けてきたが、自分自身が被災したことで本当の意義がわかった。被災地支援は続けることが大切。またこの活動は遊技機を購入してくださるホール様と、遊んでくださるパチンコファンの皆様のおかげで成り立っており、改めて感謝したい」と話した。

同社グループでは、今回の熊本支援のほかにも、「世の中の困っている人を元気にしたい」という想いから、人々の「ほほえみ」をサポートする取り組み「ほほえみサポートプロジェクト」を発足させており、東北の被災地支援をはじめ、全国各地で様々な社会貢献活動を実施している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.