ネット、技術介入とATが融合したパチスロ新台「スナイパイ71」をリリース

ネットはこのほど、ATのゲーム性に技術介入を盛り込んだというパチスロ機の新台「スナイパイ71」をリリースした。

技術介入の成功で上乗せのベース枚数が上昇しするなど、ATに技術介入性をリンクさせたゲーム性が特徴。チャンスゾーンなどを経由して発動するATは、初期枚数100枚+αの差枚数管理タイプとなっている。

シリーズ機で人気の上乗せ演出である「OPT(おしりペンペンタイム)」も、最大99%でループする差枚数上乗せ仕様で搭載した。

ホール導入予定は4月上旬から。

©NET CORPORATION

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

新型肺炎感染拡大で業界内イベント延期・中止相次ぐ、新台納品に影響も

2020/2/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年3月号

主な記事:

解釈が揺れる「等」の文字が追加された意味合い
迷走する「ATM等の撤去等」問題 立場の違いによる対立の構図浮き彫りに

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年2月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.