ハイライツ・エンタテインメントが日電協を脱退へ

ハイライツ・エンタテインメントは日電協を3月31日付けで任意脱退することがこのほど分かった。パチスロ事業から撤退することがその理由。

これに伴い、同社製パチスロ機の中古移動の打刻申請は3月29日までとなる。また部品供給については、4月1日以降も可能な限り供給していく方針としている。

なお、現在市場に設置されている同社製遊技機は約2920台ほど。そのうち、もっとも多いシスタークエスト/HAは、推定1,879台が設置されているという。

同社はアイ電子として1973年に設立。2014年10月にJトラスト傘下になり、遊技機や周辺機器の開発、製造、販売を行ってきたが、昨年9月、親会社のJトラストが同社を他企業に譲渡して以降は、事実上パチスロ事業から撤退していた状態だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチンコ、パチスロともに保通協適合率が微増

2019/11/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.