ユニバーサルがパチスロバジ絆の後継機発表、基本的なゲームフローは前作を継承

新機種をピーアールした同社開発本部マーケティング部の長谷川崇彦部長

ユニバーサルエンターテインメントは12月19日、ヒットタイトル後継機となるパチスロ機の新機種「SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜絆2」(ミズホ製)を都内の同社本社で記者発表した。

前作のゲーム性を継承したという新機種は、純増約2.9枚のAT機。「バジリスクチャンス(BC)」から、AT「バジリスクタイム(BT)」を目指すという基本的なゲームフローは前作同様だ。

シナリオ管理されたBTは、1セット約40ゲーム継続。「絆玉」と名付けられたポイントを獲得するゾーン「追想の刻」と、お馴染みのミニキャラバトルが繰り広げられる「争忍の刻」で構成され、この絆玉を獲得するほど、BT継続の期待が高まるというゲーム性になっている。

ホール導入予定は2月17日から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

旧規則パチンコ・パチスロ機の経過措置を変更した改正法が施行

2020/5/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年6月号

主な記事:

新型コロナ禍で各地のホールに休業要請 開店ホールも多く混乱
要請無視のホールにマスコミが殺到 業界へのバッシングが加熱

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.